医療業界人必見!理系タイプの転職について

JP018_72A

理系タイプの転職とは

理系の方の転職は文系の方と少し違った面があります。
文系の方のスキルは他の企業でも活かしやすいものが多いですが、実は理系の方のスキルは他の企業では活かしにくい面があります。

それは、理系の方の専門性の高さにあります。
各企業で独自の高度な技術を扱っており、それは中途で入社した方が対応できるものではないことが多いのです。
研究や開発職の中途採用の求人が少ないのはこのためで、採用しても即戦力として活躍してくれる人材の採用が難しいのです。

そのため、理系の方は一度入社した企業でそのまま長く務める方は文系の方よりも多い傾向にあります。
ただし、転職が不可能な訳ではありませn。
将来的に転職を検討している方は、自分の技術やスキルが他の企業でも活かせるものなのかということを常に考えておくと良いでしょう。
そうすれば転職を検討する際にもスキルをスムーズに役立てることができ、より転職がしやすくなります。

製薬メーカーは転職が多め

医療業界も製薬メーカーなどは理系の方が仕事をすることが多いですが、製薬メーカーは比較的転職が多い業界です。
新薬の開発は高い専門性が必要になりますが、基本的な医薬品の研究・開発の流れは各企業で共通するものがあります。
そのため今のスキルを他の企業で活かすこともしやすいです。

現在医療業界や製薬メーカーで仕事をしているという方は転職のチャンスも比較的あるので、検討してみるのもおすすめです。
製薬メーカーは海外にも有名な企業があるため、十分なスキルが身に付いていれば海外で仕事をするという選択肢もあります。
ただし、外資系の医薬品メーカーは成果をシビアに判断されるため、仕事をこなす上でのプレッシャーもかなり大きなものになります。
そうした環境の中で仕事をこなしていけるかどうかは検討しておくと良いでしょう。

理系の方はキャリアアップとして転職する方が多い傾向にあります。
専門性を追求しているので他の業界に移るのが難しく、転職するならキャリアアップを見据えての転職という道になりやすいです。
キャリアアップの転職はハードルも高めですが、しっかりとスキルを身につけている方には道も開かれていることが多いです。
転職エージェントなどでは非公開求人というものがありますが、こうした求人を紹介してもらえる可能性も出てきます。

こちらは転職の際に役立つサイトです。
ぜひ参考にしてみてほしいと思います。
参考:http://www.tempstaff.co.jp/kmenu52/

理系の方はじっくり転職を検討しよう

このように、理系の方の転職は文系の方と違った面があるので、じっくりと検討して決断することをおすすめします。
焦って転職活動をするのはあまり良くない方向に行くことも多いです。
じっくりと時間をかけて検討することでよりあなたに合った方向に向かうことができるので、ぜひ焦らず検討してみてほしいと思います。

Updated: —
life science note © 2016 Frontier Theme